Page×3

読書感想など

ヴァリス/フィリップ・K・ディック

小説の八割近くを占めているのは、キリストや、聖書、釈迦に関する神学についてだ。それに加え主人公ファットがシマウマから受信した電波系神学がMIX!

宗教に関する下敷きがないため話の大半は理解できなかったので、その点について何かを期待しないでいただきたい。むしろ訳者の山形氏のインタビューを読んだ方がいい。

https://mayucok.wordpress.com/2017/01/22/w_ymgt/

いわゆるヴァリスは挫折本と呼ばれる類いになるらしい。それもそのはず、上に書いたように神学が占めているからだ。
聖書に関する知識を持っていたとしても、電波文章が挿入され、ごった煮になる。そのため聖書と電波の境界が曖昧になった怪文書ができあがる。
僕らはポストに投函された怪文書と見分けがつかない物を数百ページも読まされるのだ。

それでもなぜ読めたかといえば、先にあとがきを読んだからだ。
訳者の山形氏は心が折れかけ、挫折の一歩手前に差し掛かった読者のために、あらすじを乗せてくれた。釈迦の手のひらで転がされる悟空のような気分だが、これが大いに助かった。この先に展開があるのだと。

SF作家のフィルが電波を受信した自分を「ファット」と呼び、まるで別人のように描写していく。 自分自身のことなのに
「ファットは気が狂っている」
「ファットはキ○○イだ」
と冷静な視点で観察し、仕舞いには友人のように振る舞う。
 読んでいる最中に松本次郎氏の「フリージア」が頭をよぎった。作中では明らかにされていないが、過去に出会った人物や死んだ人物が、実際に生きているように振る舞い主人公と対話する。
 二重人格ともまた違う、恐怖や悲しみが生んだイマジナリーフレンドと思われるが、ヴァリス終盤にはその考えをも変えてしまう展開がある。。

「こんな電波な話を書く、フィリップ・K・ディックは本当にあちらの世界に行ってしまったんだ……」と思っていたが、『自分自身を冷静に分析している自分』という構成になっているため作者もまたこの作品自体を冷静な目で見ていたのかもしれない。

世界を一変させてしまう出来事よりも、個人の心を揺るがしてしまう出来事。個人の裡へ裡へと深く潜っていく。
熱にうなされて見てしまう夢。
深夜にふと目を覚ましてしまう空白の時間。
そのような体験ををヴァリスは与えてくれた。

 

 

映画:犬ヶ島/ウェス・アンダーソン監督

 
 
▼極端な話でいえば犬派対猫派の話である。
猫派の市長は増えすぎた犬によって病気が蔓延していると犬達をゴミの島へと追いやる。反対派の暗殺や賄賂によって日に日に犬派は数を減らし続けていく。
そんな独裁政治が成り立っているなかで、大人は口を閉ざし諦めるが子供達は違った。学生達は新聞を作り市長の悪行を訴え続けて行く。新聞を刷り、デモを起こす。
 
▼音楽がとても印象的。
太鼓の音から始まるオープニングは力強く「これから何が起こるのか」とワクワクさせてくれる。
それとは逆に感傷的にさせるたった三つの音。劇中もっとも多く聞き、それが意味するものが分かると泣けてくる。
 
▼パペットの出来が素晴らしい!
ストップモーションアニメとは思えない! という褒め言葉はもはや当たり前すぎるのかもしれない。
が、それにしたって犬の毛が風に揺れて一本一本が揺れているシーンを見てしまったらその労力に驚きを隠せない。
ゴミ山に捨てられた犬らしく、毛並みは悪く、いかにも栄養不足がうかがえる。それ以上に関心してしまったのが、デフォルメしすぎずに特徴を捉えている日本人のパペット。以下は公式サイトのメイキング動画。
 
▼字幕版で見ました。
映画の設定として「ニュース番組で日本語を英語に同時翻訳する場面」が多々ある。それが映画の肝と思っているので吹き替え版ではそこをどう表現しているのかわからないので、自分としては字幕版をお勧めしたい。(子供に見せるには吹き替えがいい?)
主人公小林アタリを演じているのは、カナダ人の父と日本人の母を持つ、コーユー・ランキン。彼は日本語と英語を話すことが出来るのだが、ちょっとたどたどしい日本語が演技として過剰でもなく、淡々としている。それが12歳という少年にはぴったりはまっていた。
 
▼私も泣いたし、犬も泣いた。
主人公アタリと警護犬スポッツが初めて機械を通して呼びあった日。スポッツは「聞こえる、聞こえる」と大粒の涙を流した。その時、言い表せない何かがつながった。だからこそアタリは危険を顧みずスポッツを探して犬ヶ島にやって来た。それに感銘を受けた元ペットの犬達は彼を助けようとするが、ノラ犬のコーチだけは非協力的。それでも付いてくる所がにくい。
スポッツを探して島の端から端へと犬を連れてひたすら進んで行く。その中で新たに絆を結び、失われたものをもう一度取り戻そうとするロードムービー
 
 

鏡の国のアリス/広瀬正

f:id:dazzle223:20180523071831j:image
 
 ルイス・キャロルの「鏡の国のアリス」では、左右反転した鏡の国に迷い込んでしまう。右は左に、左は右となり。文字も反転して鏡文字になってしまう。その鏡の国でハンプティダンプティなどの奇妙をより際立たせたキャラクターと出会う物語である。
 
一方、広瀬正氏の「鏡の国のアリス」でも、アリスと同じように反転してしまった鏡像世界に迷い込んでしまう。しかも銭湯に浸かっているときに。
 
男湯に浸かっていたはずが、気がつけば女湯に浸かっている。初っぱなから豚箱行きか、と思いきやおおらかな時代なのか出歯亀扱いで難を逃れた。
だが、主人公の目の前に広がるのは、文字やルール、人間の身体に至るまで何もかもが反対になった鏡像世界。彼は戸惑うが左右反対になってしまった以外のことは変わりない。(第二次世界大戦で日本が勝っている様子もない)
ただ、彼の家やおろか、自分を知っている人すらいない。鏡像世界では彼の居場所はなかった。
 
今でいう異世界ものの要素も含まれている本作では、なぜ鏡に国に迷い込んでしまったのかまで言及している。どちらかといえばオカルトよりではあるが、妙な説得力があり思わず膝を打った。(実際に読んでお確かめください)
 
ただ単純に「鏡の国に入ったぜ。いえーい」で話が進むわけではなく何を持って鏡の国と言えるのかNHK教育番組風に説明が入る。
お勉強めいているが「ああ、なるほどこれが鏡にうつるという事なのか」と普段なんら不思議に思ったことのない鏡の不思議さについて説得させられる。
 
「鏡像世界では彼の居場所はなかった」と前述したが、これは居場所を作るための物語とも言える。異世界に迷い込んだ戸惑いと焦りは、あたたかみのある人々によって癒やされ、やがて花開く。
 
新天地に向かう人や、新たなスタートを切る人に捧げたい一作。
 

 

鏡の国のアリス (集英社文庫)

鏡の国のアリス (集英社文庫)