Page×3

読書感想など

離陸/絲山秋子

移動と離陸。

生きている限り何かを得て、何かを失う。等価交換ではなく一方的に奪われる事もあれば得る事もある。年数を重ねていけば子は育ち、自分の身丈を超え、やがて働き始める。
長く生きていれば人の死に直面する事もあれば、二度と会わない人もいる。生きている場所、付き合う人が異なれば、かつて良く遊んだ友人や知人の事を忘れてしまう。(考える時間がない)

 

離陸/絲山秋子 を読んだ。
失踪したかつての恋人の影を追う佐藤。
生きることは不条理の連続であり、出会いと別れは対になってやってくる。誰もが解答のないまま移動を続け、そしていつしか彼らの言う離陸が待っている。
生きることがこの小説には詰まっている。

 

離陸 (文春文庫) https://www.amazon.co.jp/dp/416790828X/ref=cm_sw_r_cp_api_l6IYzbWW6EA9K

 

未必のマクベス/早瀬耕

f:id:dazzle223:20170924102820j:image

 

深夜3時近く、1日かけて本を読み終えた後で小銭を集めて近くのコンビニへと向かう。ドラゴンボールのTシャツにハーフパンツ、少し肌寒いのでカーディガンを羽織った。寝巻きではあるが、こんな時間だしいいだろうという判断の上だ。

歩いているとどこからか話し声が聞こえてくる。留学なのか、集団で働きに来ているのか分からないが近くのある一角では東南アジア、中国、韓国の人たちが住んでいる。すぐ近くを通るとスパイスの様な香りが漂ってくる。彼らも寝付けないのだろうか。

コンビニではラムとコーラを購入。(あいにくダイエットコーラを購入する小銭が足りなかった)正しい作り方も材料も足りなかったが、ラムを少量注いでから氷を幾つか落とし、残りはコーラで埋めていく。マドラーはないので指で回す。一口飲む。甘くて辛い。


『未必のマクベス/早瀬耕』を読んだ。
”未必[みひつ]必ずそうなるものではない、といった表現。”
この言葉の読み方(みつひつ?みっひつ?)も意味も知らず、もう半分のマクベスも読んだことがない。もう一つ加えれば失礼ながらTwitterでフォローしているにも関わらず早瀬耕さんの著作も初めて。全くわたしの知らない事ばかり。そのため途中で切り上げてシェークスピアの『マクベス』を購入しその日のうちに読んだ。

”実現されたらされたで構わない”未必にはその様な意味も持ち合わせてる。主人公の中井という男はマクベスに仕立てられていくが、それに反発せず「マクベスになったらなったで構わない」という人だ。
読んでいる最中、これはどのジャンルに当てはまるのだろうか? と考えていたが、途中からジャンルを気にすることがなくなった。ただその文章に取り囲まれて懐かしさと彼らの初恋に身を寄せていたい。
キューバ・リブレがなくなったので、もう一杯作る。そういえば今日は色々な店を渡り歩いてこの本を読んだな、と無理に自分に関連付けてみたりする。

 

 

未必のマクベス (ハヤカワ・ミステリワールド)

未必のマクベス

  • 作者: 早瀬耕
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/09/21
  • メディア: 文庫本
 

 

サマーバケーションEP/古川日出男

8月はとうに終わり、9月も半ばになろうとしている。残暑はまだ続いているが、今年は夏そのものを体験したという気持ち良さを感じることができなかった。
 
平日は朝晩以外は外に出ることなく、激しい太陽の光を浴びる機会に恵まれず。休日も曇りや雨が多いためか気温もそこまで高く感じなかった。いわゆるうだるような暑さを感じずに夏が終わってしまった。バットマンヴィラン:ペンギンは地球温暖化から氷を守ると言っていたが、はてさて本当に温暖化が進んでいるのか疑問に思ってしまう。
 
けものフレンズが再放送されたことは記憶に新しいが、夏の再放送といえば、スラムダンクだ。夏の間だけなので到底全話放送はできず、毎年の方に途中で切れてしまう。いつの夏からだろうか、それも終わってしまった。
 
スイカは食べた、祭りに行かなかった、花火は雨のなか見た、カキ氷を食べていない、プールに行かなかった、浜辺にはいった。そういえばこの本を読み返さなかったなと本棚から取り出した。
 
『サマーバケーションEP』ただ歩いて東京を横断する。それだけの話だが、ここには私の憧れがいくつも詰まっている。
 
《内容紹介》

僕は冒険をするために、井の頭公園に来たんです――

20歳をすぎてようやく認められた〈自由行動〉。他人の顔を憶えることができない「僕」は、出会った人と連れ立って、神田川を河口に向かって歩き始める。世界に対する驚きと無垢さに満ちた、再生の物語。

 
サマーバケーションEP (角川文庫)

サマーバケーションEP (角川文庫)