Page×3

読書感想など

フィリップ・K・ディック短編集など

その日は映画を見るために新宿バルト9へと向かった。
あまり行った事がない映画館だったのでチケット売り場が長蛇になっている事に驚いた。いつも行っている映画館は昼でもそこまで並ぶ事がない。地域差なのか、作品数の差なのか、単純に売り場が狭くてチケット販売機の数が少ないせいなのかは分からない。
 
10分ほどして自分の番が回ってきたので19時からの「パワーレンジャー」を選択。まだ時間に余裕があるので席もそこまで埋まっていない。料金払いをする為に、クレジットカード払いを選択。クレジットカードを専用機にスライドさせるが、読み取ってくれない。
 
裏表を試してみるが読み取らない。逆さまにしてみるが読み取らない。もう一回最初の向きで試してみるが読み取らず、「お客様のご使用のクレジットカードご使用できません」といった内容の文言が表示されるのみ。現金で支払いチケットを受け取るが、足元がグラグラする。
 
・限度額いっぱいに何か購入しかた→これといって何も購入していない。
・カード情報が流出したか→ないとは言えない
・不明な動きがあればカード会社から連絡があるのでは→カード会社も絶対ではない。
・確かクレジットは一度止めたら再発行するのが面倒だったはず→背に腹は変えられない。
 
行き先も決めずそんな事を考えていた。さっきまで映画を楽しみにしていたのに一気に急下降。逆さまだ。ぐらりぐらり、気温の暑さとは別の体内から汗が流れ出てくる。腹も痛くなってきたので堪らず三越のトイレへと駆け込む。
 
古いビルなのでこじんまりとしているが、きれいに整備されているトイレに感謝しながら、「さっきのは単純にバルト9が取り扱いを止めていたのでは」という楽観的に捉えようとした。しかし確信が持てない。使用できるかどうかはもう一度使ってみるしかない。
 
と、尻を拭いてから暖かいお茶を買い求め、ブックオフエスカレータを登り文庫本コーナーへ。そこで記憶喪失者の視点から始まる「異邦の騎士 改訂完全版 /島田荘司」を手に取り開いた。

 

 

”とてつもない恐怖ーーー!”

 

 
私もそうだよ名も知らぬ人よ!
 
レジへ向かい、クレジットカードを差し出す。数100円をクレジット払いというのも心苦しいがこれしかない。カードを読み取り、番号を打ち、数秒待つ。「ブックオフのおじさんお願いします」とブラックエプロンのスタッフさん相手に祈ってると決済があっさりと通った。
 
読み通りバルト9ではカード使用の扱いを止めていたようだ。
クレジットカードは問題なく使用することが分かり、このディック的な世界から抜け出すことができた。あれだけ色が失われていた世界が極彩色に見える。私は暖かいお茶を口に含んでから映画館へと向かった。
 
手持ちのフィリップ・K・ディック著書をまとめて読んだ。
幾つものシチュレーションで繰り返される人間と非人間の境界の曖昧さ、というモチーフ。アイデンティティの崩壊を垣間見た人物の悲喜交々は現実とよく似ている。
 

 

 

スキャナー・ダークリー (ハヤカワ文庫SF)

スキャナー・ダークリー (ハヤカワ文庫SF)

 

 

 

流れよわが涙、と警官は言った

流れよわが涙、と警官は言った

 

 

 

人間以前 ディック短篇傑作選

人間以前 ディック短篇傑作選

 

 

 

異邦の騎士 改訂完全版

異邦の騎士 改訂完全版

 

 

ARMSでダークサイドに堕ちないために行った事

Nintendo Switch専用ソフトARMSが発売されてそろそろ一ヶ月経とうとしている。
運よくスイッチ本体を購入することが出来たのでアームズを予約したが、一つだけ危惧する事があった。
 
それは数年前に遡る。当時の私はPS3ソフト「ストリートファイターIV」にてネット対戦に興じていた。
ランクマッチ戦では勝てばポイントが貯まり一定量でランクが上がり、逆に負ければポイントを失いランクが下がる。ゲームを始めた当初はただ戦っているだけで面白く、勝っても負けても悔しさも腹立たしさも無かった。
 
これがプレイに慣れてきてランクも徐々に上がってくると厄介だ。自分より上のランクに負けるのはまだ良いが、同ランクにギリギリで負ける事に憎しみが徐々に積み重なってくる。
 
その日は負け込んでおり、あと一敗したらしたらランクが下がる。という場面でギリギリのラインで負けた。怒り、悔しさ、憎しみ、悲しみ、が一挙に感情のボルテージを振り切った。気づけば自分の左手と太ももを殴りつけていた。
 
痛みが強くなるにつれて「あっこれは生活が出来なくなる」と思い、その日のうちにストIVをゲームショップに売りに行った。それから格闘ゲームをする事を封印して、この事を「ダークサイドに堕ちる」と呼んだ。
 
殴った左手と太ももは数日間痛んだ。
 
で、ARMSだ。
運良く手に入れたとはいえ、数年ぶりのネット対戦型格闘ゲームにダークサイドに堕ちる様が目に浮かんだ。何か対策案を得るために本屋へと向かった。ファミ通を読んでも心を落ち着かせる事は書いてないので、普段は読まないビジネス書コーナーへ向かう。
 
コレだ!読んでそのままゲーム中に感情的にならない為の指南書だ!
 
感情をコントロールしろ、感情に振り回されるな、感情的になるとデメリットが多い、、、わかっていた事だが感情的に「ならない」ための方法は書いていない。表面を触っただけの本だ。求めていたのはこれじゃない。強制収容所ことBOOK OFFに送るぞ!
 
さっそく感情的になったところでネットサーフィンをする。そこで見つけたのだこの記事だ。
 
記事の内容はともかくとして、試せる事は試してみる。
 
マントラを唱え、無心になって、呼吸を繰り返す。。。うんにゃ、これも違う気がしてきた。
確かに酸素が脳まで行き渡ってスッキリするが、感情的にならない事に繋がるのだろうか。
 
そんなこんなでARMS発売日。
最初の数日間は楽しくゲームをする事ができたが、ARMSにもランク戦がある。止めれば良いのについついプレイしてしまう。自分がどの程度強いのか確かめたくなる。
 
ランクマッチでは買っては負けての繰り返し。累計で言えば負けた回数のほうが多いが、未だにARMSを売り飛ばすまで至っていない。
 
と、いうのも感情的になる以上に時間が足りない。昔に比べゲームを長時間できなくなった事も重なって一日30分できればいいほうだ。「あと一回勝ったら」以上に「明日30分長く寝る」事が大切になってしまいゲームを切り上げてしまう。
 
時間が余っている時代にやってたら確実にダークサイドに堕ちていた。そういった意味ではゲームを生活ではなく、娯楽として消費するには最適な年齢になった様だ。
 
 
追記
深夜帯は回線切れ、遅延が多いため一度も対戦できずに終わる事が多い。その都度、自分の裡に何かが積み重なっていく。ダークサイドの萌芽は確実に芽生えていくのであった。
 

 

ARMS

ARMS

 

 

 

感情的にならない気持ちの整理術 ハンディ版

感情的にならない気持ちの整理術 ハンディ版

 

 

始めよう。瞑想:15分でできるココロとアタマのストレッチ (光文社知恵の森文庫)

始めよう。瞑想:15分でできるココロとアタマのストレッチ (光文社知恵の森文庫)

 

 

 

大怪獣記/北野勇作

商店街を歩けば、お惣菜屋さんや豆腐屋さん、金物屋さん、八百屋さん、魚屋さんなどがずらっと並んでいる。
漠然とした商店街のイメージがそれだ。私の田舎には商店街というものがない。あるにはあるが、ないに等しいシャッター街だ。個人店が一箇所に集まっているという事がなく、あちらこちらに散らばっている。それぞれ行くにも面倒だからスーパーに行ってしまう。
 
なんとなくの商店街のイメージしか持っていないのにもかかわらず、ニュースなどで商店街特集をやっていると、何故か懐かしい気持になる。これは嘘のノスタルジックだ。それにも関わらず浸っている。
 
散歩するのが好きなので、行き先をなんとなく決めて裏道を通っているといつの間にか商店街に出る事がある。活気がある商店街もあれば、閑散としてる商店街もある。そのどちらも好きだが、お店に寄る事がない。「どうせ二度と来る事もないだろう」と切り込めば良いのだが、二の足を踏んでしまい、コミュニケーションをとる事ができない。そして通り過ぎていく。
商店街のベタさにどこか羨望している自分がいる。それは商店街以外にも、年末年始のお参りにも当てはまる。(げんしけん成田山のエピソードがとても好きなのだが実行には至らず)ただ、創作物と実際は異なるので、あんな雰囲気は楽しめないだろうな、と最初から決め付けている。それでも憧れや羨望を捨てきれず、捨てない事を楽しんでいる。
 
『大怪獣記』を読了。
ああ、懐かしい。自分の中で作り上げている嘘のノスタルジックが満たされていく。私はかつてこんな場所にいたのかもしれないと錯覚を起こす。甘酒を飲みたくなるが、口にしたのは一度だけで美味しかった記憶もまずかった記憶もない。北野勇作さんの肩の力が抜けた大人の余裕のある小説は心地が良い。
 
《内容紹介》
ある日、作家である私は、見知らぬ映画監督から「映画の小説化」を依頼される。
喫茶店で渡された企画書には「大怪獣記」というタイトルが大きく書かれていた。
物語の舞台はこの町と周辺、そして、実際の撮影もここで行うということで、
協力を仰ぐ商店街の名前や町内会なども記されていた。
私の代表作は亀シリーズで、「亀伝」「電気亀伝」「天六亀」。
その他には「メダカマン」「ヒメダカマン」「タニシ氏の生活」「ジャンボタニシ氏の日常」などがある。
その映画監督は、そんな私の著作を「あなたの作品にはね、怪獣に対する愛がある。
いや、もちろん怪獣そのものは出てこない。 でもね、それはあれなんだな、愛なんだ。愛するが故に出せない」と褒めてくれた。
当初映画のノベライズかと思っていたが、そうではなく「映画の小説化」だという。
途中までできているシナリオをを受取るために連れられて行った豆腐屋で、私は恐ろしい体験をする……。