Page×3

読書感想など

【映画】スパイダーマン:スパイダーバース

f:id:dazzle223:20190309222549j:image

 

スパイダーマンの作り方
1.放射性を帯びた蜘蛛に噛まれ、能力に目覚める。
2.大切な誰かが亡くなる。
3.運命を受け入れる。
ステップ3で完成だ。

今回のスパイダーマン:スパイダーバースも基本的に同じだ。
蜘蛛に噛まれ、大切な誰かが亡くなり、運命を受け入れるという、スパイダーマン的文法がそこにある。
アメコミはキャラクターを作り上げ、脚本や書き手をストーリーによって変える。時代によってスパイダーマンという表面を残しつつ、中の人間が変わっていく。

実写映画でも
スパイダーマン1~3」
「アメージングスパイダーマン1~2」
スパイダーマン:ホームカミング」とスパイダーマンというファクターはそのままで主人公は全く異なる人物であり、能力も変わる。
ある意味でスパイダーマンは時代時代で変わっていく。無限とも永遠とも言える。

 

ピーター・パーカーの死
その原点とも言えるピーター・パーカーの死から始まるもう一人のスパイダーマンの誕生劇。
そして無限の宇宙で生まれたスパイダーマン達が一つの次元に(意図せずに)集結した。

ピーター・パーカーに替わってマイルズ・モラレスはスパイダーマンに成ろうとする。
その力を持ってしまったが故の定められた運命。それを受け入れ、街を守るには13歳のマイルズにはあまりにも大きすぎる責務であり、未熟過ぎた。
今までの映画ではスパイダーマンの誕生までが前半のピークで後半は悪役との戦いがメインとなっている。
しかし今作では全編にわたって新たなスパイダーマンの誕生までを丁寧に描いている。

 

アニメーション技術にほれぼれ
2Dと3Dとも見えるCGアニメーションはいままで見たこともないくらい美しく、コミック的な表現が多様されている。特に驚いたのは、別次元から現れたスパイダーマン達を絵柄の違いを違和感なく合わせている点だ。
・つるっとしたCGアニメーション
・モノクロアニメ
・トゥーンのコミカルなアニメ
・日本漫画をCGで再現したかのようなアニメ

手塚治虫の様にスターシステムで作者本人がキャラクターを描くならまだしも、描き手も表現も異なるキャラを一同させるためのバランス感覚には舌を巻いた。違っているのに違和感がない。

 

運命という呪縛
冒頭に上げたステップ2、大切な人間を亡くす。これはスパイダーマンでは欠かせない要素ではあるがあまりにも悲しい。
スパイダーマンには必ず死がまとわりついて、どの次元でもそれは免れない。
「運命を受け入れろ。」
それが今回のキャッチコピーになっているが、そこ言葉の中に含まれているものはあまりにも悲しい。

 

 

【小説】2018年ベスト本

今回は2018年に読んだ本の中から特に面白かったものを10冊選びました。
感想や紹介はブログやTwitterで公開してますので、そちらからの引用とさせていただきます。

 

白痴/ドストエフスキー

 

 

折りたたみ北京

 

正直すべての短編がベスト級といっても過言ではない。
特に表題作の「折りたたみ北京」は目を見張る物がある。

 

エロス/広瀬正

 

dazzle223.hatenablog.com

 

マイナスゼロばかりが取り上げられることが多い広瀬正さんだが、私は「エロス」のほうが男女のロマンスにあふれていて、漂う悲しい雰囲気に惹かれてしまった。


プラネタリウムの外側/早瀬耕

 

dazzle223.hatenablog.com

 twitterで最初に知ったときには大変失礼ながら小説家ということを知らなかった。

その後、文庫化された「未必のマクベス」を読んでぶっ飛んだ。(ちなみに昨年のベストにも入れました)プラネタリウムの外側は短編なので是非オススメしたい。


メカサムライエンパイア/ピーター・トライアス

 

第二次世界大戦に日本が勝利した架空の未来を描いた第二作。

第一作に比べると作者のロボットアニメ愛に溢れており、その分少し対象年齢が落ちているのも否めないが精神年齢低めなのでバッチリ合いました。

電脳砂漠/G・A・エフィンジャー

 


母なる夜/カート・ヴォネガット


いたずらの問題/フィリップ・K・ディック

「高い城の男」といったメジャーな作品よりも実は近年新装版として発売される作品のほうが面白かったりする。


零號琴/飛浩隆

 

シンドローム/佐藤哲也

dazzle223.hatenablog.com

 

 

といった具合の2018年ベスト本でした。
振り返ってみると面白い本が潤沢すぎて手にあまるほどの年でした。といっても今年はまだありますので数冊は読めるかと思います。

 

以下はAmazonリンクなのでご自由に。

 

 

白痴 1 (河出文庫)

白痴 1 (河出文庫)

 

 

折りたたみ北京 現代中国SFアンソロジー (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ 5036)

折りたたみ北京 現代中国SFアンソロジー (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ 5036)

 

 

エロス(広瀬正小説全集3) (集英社文庫)
 

 

プラネタリウムの外側 (ハヤカワ文庫JA)

プラネタリウムの外側 (ハヤカワ文庫JA)

 

 

メカ・サムライ・エンパイア 上 (ハヤカワ文庫SF)

メカ・サムライ・エンパイア 上 (ハヤカワ文庫SF)

 

 

 

メカ・サムライ・エンパイア 下 (ハヤカワ文庫SF)

メカ・サムライ・エンパイア 下 (ハヤカワ文庫SF)

 

 

 

母なる夜

母なる夜

 

 

 

いたずらの問題 (ハヤカワ文庫SF)

いたずらの問題 (ハヤカワ文庫SF)

 

 

 

 

零號琴 (早川書房)

零號琴 (早川書房)

 

 

 

シンドローム (ボクラノSFシリーズ)

シンドローム (ボクラノSFシリーズ)

 

 

 

【小説】シンドローム/佐藤哲也

f:id:dazzle223:20181203222419j:image

ある日、何の前触れもなく空を裂くようにして何かが町外れに落ちた。クラスメイトや近隣住民が隕石かと浮き足立つ中で、主人公の僕は後ろの席にいる久保田さんの事が気になってしょうがない。久保田が「気味が悪いね」と言うからそれに賛同するようにして「気味が悪い」と言う。

気軽に声をかけることが出来る絶妙な距離を保つことに執心して、メールの短い文章にも意味があるのではないかと、嫌われたのではないかと、しつこく送りすぎたのではないかと、思考が螺旋の様にぐるぐると回っている。
不健康にも思える主人公の思考だが、どこにでも居る普通の少年なのだ。

 

それが起きてしまった

 

何かが落ちてから数日後に大きな事件が起きた。
詳細は記載しないが「災害」とだけ言っておこう。その災害に主人公や久保田、その他多くに町人が巻き込まれてしまう。

その町に何かが起き大勢の人が亡くなった。
それを予期した人がいた。
となり町の出来事だった。
家族や友人が住んでいた。
テレビニュースで知った。
知らない町のことだった。
普通の人々が普通に暮らし普通に恋をしていた。

 

無力である主人公


主人公は普通の人間で特殊な能力も力も無い。町で起きている変化よりも後ろの席の久保田の事を考えてしまう。
心の距離が触れそうで触れない、絶妙な距離感を縮めたくない。縮めようとして心地よい距離感が遠くなってしまうのを恐れている。
そのような誰にでも心当たりのある恋心を抱いているただの人間だ。読者と何も変わらない。

そんな彼が災害の被災者となり、何も力にもならず、ただ流れに呑み込まれてしまう。


小説内で起きる災害はあり得ないことかもしれないが、現実世界で起きた多くの災害が頭をよぎった。それらの災害に巻き込まれてしまった人々も主人公と同じ「ただの人」だった。

 

シンドロームはSF小説という体裁を取った青春小説であり、同時に被災者になってしまったとある市民を描いた災害小説となっている。どこか遠くの世界のことではなくごく近く、私たちの近所で起こりうる話。

西村ツチカさんの挿絵も素晴らしい一冊です。

 

 

シンドローム (ボクラノSFシリーズ)

シンドローム (ボクラノSFシリーズ)

 

 

 

北極百貨店のコンシェルジュさん 1 (ビッグコミックススペシャル)

北極百貨店のコンシェルジュさん 1 (ビッグコミックススペシャル)