Page×3

読書感想など

エロス/広瀬正

f:id:dazzle223:20180518083815j:image
 
「もしもあの時、別の選択をしていたら」からはじまるパラレルヒストリー。
 
歌手であるみつ子はインタビューをきっかけに18歳の頃の自分を振り返る。
恋をした男性とは実らなかったが、歌手としては大成した。それはあの日あの時、映画を見に行くことを「選択」したからだ。そうでなかったらヌードモデルとして日金を稼いでいただろう…そう思い返していると突然目の前にその男性である慎一と偶然が重なり再開をした。
 
会えなくなったあの日から今までどの様な人生を送ってきたのか、現在と過去が交互に語られる。
 
しかしそこに「もう一つの過去」が挿入され、選ばれなかったはずの歴史が描写されていく。
そこではヌードモデルとして送る日々を過ごしていたみつ子の前慎一が現れ、文字通りさらっていった。「きみはぼくのお嫁さんになるんだ」
 
男女が結ばれ、身分の違いに周囲から反対されながらも結婚することが出来た二人はつつましい生活ながらも協力しながら生活を送っていく。しかしそこには戦争の余波が押し寄せてくる。
 
現在と「もう一つの過去」が交わることがなかった。しかし奇妙な一致をし始める。それはタイトルにもなっている「エロス」。ここは実際に読んで確かめて欲しい。
 
風が吹けば桶屋がもうける、という言葉通りに一つの事が連鎖して他者にも影響していく。みつ子の選択が、ほんの一言で大きく歴史を変えてしまった事が示唆されているという点ではSFではあるが、それ以上に男女の恋物語として面白く、当時の流行や風習、金銭感覚、戦争によって逼迫していく家庭など昭和文化を体験することが出来る。
 

 

エロス―もう一つの過去 広瀬正・小説全集〈3〉 (集英社文庫)

エロス―もう一つの過去 広瀬正・小説全集〈3〉 (集英社文庫)

 

 

 

プラネタリウムの外側/早瀬耕

f:id:dazzle223:20180403232100j:image

 

将来様々なものに組み込まれるであろうAI。人間の暮らしを豊かなものにするとされているが、未だにぴんときていない。

ブルーレイまで購入したブレードランナー2049では主人公Kの欲求に応えて服装を変えたり、励ましてくれるJOYと呼ばれるAIが登場する。KとJOYは互いに愛し合っている。それはプログラムとしてなのか、心が生じたものなのか答えのない問いではあるが

話はそれてしまったが、未必のマクベスの著者である早瀬耕さんの「プラネタリウムの外側」では近くて遠いAIについての連作集である。

自分をトレースさせたAI。
合わせ鏡にうつるあるものを見てしまった学生。
彼氏の死の間際を再現させようとする女学生。
愛してたことさえ忘れてしまう記録の忘却。などなど。

心や恋愛、青春といったストーリーラインに気持ちいいバランスでAIに対する、テクノロジー技術に対する警告や示唆が組み込まれている。単なる技術寄りのSFだけでは門戸が狭いが、青春恋愛ものでもあるので多くの人に読まれてほしい。(実際AIの技術に対して知識のない私でもすんなり読むことができた)

ごく現実に近いSFであって、少し先の未来では「プラネタリウムの外側」はSF扱いされないかもしれない。それ程までに現実的。
そして怖い。果たしてここで描かれていることが、そしてこの現実はプラネタリウムの内側なのか、外側なのか、つい考えてしまう。

 

プラネタリウムの外側 (ハヤカワ文庫JA)

プラネタリウムの外側 (ハヤカワ文庫JA)

 

 

 

未必のマクベス (ハヤカワ文庫JA)

未必のマクベス (ハヤカワ文庫JA)

 

 

 

 

 

離陸/絲山秋子

移動と離陸。

生きている限り何かを得て、何かを失う。等価交換ではなく一方的に奪われる事もあれば得る事もある。年数を重ねていけば子は育ち、自分の身丈を超え、やがて働き始める。
長く生きていれば人の死に直面する事もあれば、二度と会わない人もいる。生きている場所、付き合う人が異なれば、かつて良く遊んだ友人や知人の事を忘れてしまう。(考える時間がない)

 

離陸/絲山秋子 を読んだ。
失踪したかつての恋人の影を追う佐藤。
生きることは不条理の連続であり、出会いと別れは対になってやってくる。誰もが解答のないまま移動を続け、そしていつしか彼らの言う離陸が待っている。
生きることがこの小説には詰まっている。

 

離陸 (文春文庫) https://www.amazon.co.jp/dp/416790828X/ref=cm_sw_r_cp_api_l6IYzbWW6EA9K