Page×3

読書感想など

映画

【映画】君の名は。

夜の回だったので人も少なく、落ち着いて見ることができた。 なぜここまで観ることを引き延ばしてしまったのか、それは主人公の「瀧」と「三葉」が入れ替わることで互いに恥をかいてしまうシーンがあるのではという不安があったからだ。どうも自分はああいっ…

【映画】ありがとうスーサイド・スクワッド

1年ほど前だろうか、あの衝撃的な新ジョーカーのビジュアルが突如としてネットに流れたのは。 The Suicide Squad wishes you a Happy Anniversary Mr. J! #Joker75 #SuicideSquad @WarnerBrosEnt @DCComics pic.twitter.com/LZXz0x947Q — David Ayer (@David…

クエンティタランティーノ監督映画『ヘイトフル・エイト』を見てきました。

クエンティタランティーノ監督の最新作『ヘイトフル・エイト』(原文:the hateful eight) 監督の名前にピンと来なくても20代〜30代にかけての世代は『キルビル』で知っている人が多いでしょう。ツッコミどころ満載でバカバカしくもありますが、あのアクショ…

映画『椿三十郎』比較しながら見てみた

以前借りた『用心棒』がとても面白かったので続編にあたる『椿三十郎』を借りてきました。 対比に次ぐ、対比 若い浪士達が汚職を行っている事を直談判しようとするが、罠に引っかかってしまう。 そこに偶然居合わせた三十郎が見兼ねて協力をする。。というの…

映画『用心棒』総合映画としての時代劇

用心棒/主演:三船敏郎 監督:黒澤明名作と呼ばれる映画がどうも苦手意識があり、きっけかがない限り手を取らないのですが少し前から古い日本映画を立て続けに見た勢いで黒澤映画の『用心棒』に手を出しました。 ジャンル 時代劇のイメージといえば、適役が…

戦慄のハッピーエンド『ナイトクローラー』

ブラック会社が創立された。 皆が寝静まった夜、毎日のように車を飛ばして働いている。警察の無線を傍受して事故・事件現場に駆けつける。事件解決のため? 救助のため? 彼らはそんなことしない、彼らはその凄惨な現場を這い回り被害者・加害者にカメラを向…

映画:チャッピー

・CGがもろにゲームっぽいというかSONYっぽい。 特にムーアのロボットが浮かび上がって発進するシーンは背景のボケ方 見た目は完全にロボットなんだけど、仕草・喋り方・接する人間によって人格が形成されていく様でどんどん人間に見えて来る。なのでうるっ…

映画:マッドマックス

徹底された世界観とそれを映像にしても違和感がない、隅々まで設定された衣装、小道具、人物設定、映像技術。一人一人がどの様な人生を送ってきたのかどんな性格なのか見ただけで分かってしまう説得力がある。 久しぶりに文句のつけようのない映画だった。し…