Page×3

読書感想など

未必のマクベス/早瀬耕

f:id:dazzle223:20170924102820j:image

 

深夜3時近く、1日かけて本を読み終えた後で小銭を集めて近くのコンビニへと向かう。ドラゴンボールのTシャツにハーフパンツ、少し肌寒いのでカーディガンを羽織った。寝巻きではあるが、こんな時間だしいいだろうという判断の上だ。

歩いているとどこからか話し声が聞こえてくる。留学なのか、集団で働きに来ているのか分からないが近くのある一角では東南アジア、中国、韓国の人たちが住んでいる。すぐ近くを通るとスパイスの様な香りが漂ってくる。彼らも寝付けないのだろうか。

コンビニではラムとコーラを購入。(あいにくダイエットコーラを購入する小銭が足りなかった)正しい作り方も材料も足りなかったが、ラムを少量注いでから氷を幾つか落とし、残りはコーラで埋めていく。マドラーはないので指で回す。一口飲む。甘くて辛い。


『未必のマクベス/早瀬耕』を読んだ。
”未必[みひつ]必ずそうなるものではない、といった表現。”
この言葉の読み方(みつひつ?みっひつ?)も意味も知らず、もう半分のマクベスも読んだことがない。もう一つ加えれば失礼ながらTwitterでフォローしているにも関わらず早瀬耕さんの著作も初めて。全くわたしの知らない事ばかり。そのため途中で切り上げてシェークスピアの『マクベス』を購入しその日のうちに読んだ。

”実現されたらされたで構わない”未必にはその様な意味も持ち合わせてる。主人公の中井という男はマクベスに仕立てられていくが、それに反発せず「マクベスになったらなったで構わない」という人だ。
読んでいる最中、これはどのジャンルに当てはまるのだろうか? と考えていたが、途中からジャンルを気にすることがなくなった。ただその文章に取り囲まれて懐かしさと彼らの初恋に身を寄せていたい。
キューバ・リブレがなくなったので、もう一杯作る。そういえば今日は色々な店を渡り歩いてこの本を読んだな、と無理に自分に関連付けてみたりする。

 

 

未必のマクベス (ハヤカワ・ミステリワールド)

未必のマクベス

  • 作者: 早瀬耕
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/09/21
  • メディア: 文庫本